RUN伴に参加!!!

2016.09.18 [スタッフの声]
RUN伴!!!!!

皆さんはRUN伴というマラソン大会をご存知ですか?

私たちも去年初めてRUN伴という存在を知りました。

RUN伴とは、認知症になっても安心して暮らせる

まちづくりを目指して、認知症の人もそうでない人も

タスキをつないで日本を横断するプロジェクトです。


去年から参加を考えてはいたものの、応募が締め切られてしまい

今回、初めてグループホーム三条で参加しました。


まずは、出ると決まってから取り掛かったのが応援グッズ作り!

我がホームの職員は手先が器用な人が

多く集まっています。

お客様と仕事の合間を使って素晴らしい物を

完成させてくれました


本当に一つ一つのグッズがもう、プロ並み!

本当に不器用な私には真似が出来ません。

素晴らしい才能の一つですね


参加チームは必ずチーム名が必要とのことで、、、

私達グループホーム三条のチーム名は

「HGS38」

(グループホーム三条・お客様、職員全員合せた数)

そして当日の今日は、雨天決行

なんと!なんと!本社の廣川主任、松井課長も一緒に

走って下さいましたーーーー


雨の中待つこと約1時間・・・

その間お客様は濡れないように車で待機してもらい、

前のチームが合流地点に着いたところで

お客様がタスキを受け取り、いざ!出発です。



HGS38は、2.1kmを走るルートでした。

最初は、一名のお客様も一緒に走ることに!

私たちよりも走るのが早くてびっくりしました!

常にホームでお仕事をしてくださってるので、体力は

職員よりもありあまっていました(笑)


300m程一緒に走っていただき

まだまだ体力は残っていましたが後半に頑張って頂くため

しばし車で休んで頂き、その間は職員で

なんとか頑張ってゴール地点まで走りました


2.1km、、、なめてました

しんどい、しんどい、職員息を切らしながら頑張りました!!


無事にゴーーーーーーール


ゴールは三条地場産業センター。

次のチームが待っていてくださり、

記念撮影をしてからタスキを渡し、

私達HGS38のRUN伴は幕を閉じました。


最後は参加した職員とお客様、応援団と

記念撮影をしました!!

横断幕もうちわも全て、職員の手作りです!!

あいにくの雨で濡れてしまいましたが、

本当に、本当に、有難うございました!


お客様たちは撮影後、雨に濡れたので

帰所後すぐに入浴して頂き温まっていただき、

職員は濡れたままお仕事に戻りました。(笑)


初めての参加でしたが、とてもいい思い出になりました、

こういった形で三条地域の方たちにグループホームを知ってもらったり

認知症の人たちの存在を知ってもらう機会が今後も増える様に

こういった行事に積極的に参加していこうと思いました!

  • 介護保険知識

新潟県労政雇用課
【はあとふるあたご紹介動画】